“たばこを吸わないでいる事で様々な辛さを感じてしまう事があるものですが、多くの方が経験するのが所謂禁煙うつです。禁煙うつになると無気力な状態になってしまい、布団から出るのが辛い、何事に対しても前向きになれない、気分が落ち込んだままの状態が続くなど、精神的な辛さを感じてしまう事があります。
禁煙とうつはどのように関係があるのかと言いますと、原因の一つとされているのがセロトニン不足です。セロトニンというのは簡単に言えば元気の源です。心を癒してくれる物質でもありますので、人間とは切っても切れない関係と言えます。喫煙をすると安心感を得られるかと思われますが、それはニコチンによってセロトニンが誘発されているからと言われています。
しかしながら禁煙をする事でたばこによって誘発されていたセロトニンが分泌され難くなってしまい、それによってうつ状態になってしまうのです。このようにたばことうつは関係があるとも言われているのですが、ただ、うつ状態はずっと続く訳ではありませんので、しばらくの我慢と思って耐える事でクリアできます。
しかしクリアするまでの期間が問題になると言えますが、少しでも楽に禁煙を行う為にもニコレットを利用してみると良いでしょう。ニコレットはニコチンを含むガムであり、ニコチンを吸収する事でセロトニンの分泌を促せます。その為、禁煙うつを軽減する事ができますし、禁煙を続け易くなるのではないでしょうか。
そしてしばらくニコレットの使用も継続し、あとはニコレットも断てばニコチンなどの有害物質を吸収する事もない健康的な肉体になれます。もちろんセロトニンといった物質の分泌も正常に行われますので、禁煙うつに悩まされる事もありません。