ニコテックスは、ニコレットのジェネリック医薬品です。

ニコレットとは、禁煙する人をサポートするガムで、微量ですがニコチンが含まれています。
禁煙する場合に障壁となるのが、体がニコチンに依存する状態になっていることです。
依存しているため、急にニコチンの摂取をやめると体が反発します。
頭痛や吐き気、不眠や苛立ちなどの症状が出てくるようになります。
これがいわゆるニコチン中毒による中毒症状です。
その症状が辛いため、禁煙は困難なのです。

そして中毒症状を起こさずに禁煙させてくれるのが、ニコレットです。
噛むことでニコチンが歯茎から体内に浸透していきます。
すると喫煙せずともニコチン中毒で苦しむことはなくなります。
そして喫煙と違い、タールなどの有害物質を摂取することにならないので安全です。

このニコレットのジェネリック医薬品がニコテックスですが、ニコレットと比べると安価でお得です。
具体的には、1箱30錠入りで2500円から3000円ほどです。

ただしニコテックスは、病院の禁煙外来で処方されることは、あまりありません。
そのため手に入れるには、海外からの個人輸入をおこなうか、個人輸入をおこなっている業者から通販で購入する必要があります。

禁煙をする方法はいくつかありますが、その一つにニコチン置換療法があります。
これは、タバコを吸うときに体内に入るニコチンをタバコ以外のもので取り入れ、タバコを吸うのを止めるという方法です。
この治療には専用のニコチンガムを使用します。
ニコテックスは、このニコチンガムの一種です。
海外ではニコチン置換療法のためによく処方されています。

日本では、ニコテックスに含まれる成分には麻薬指定や向精神剤指定はしていませんが、厚生労働省は承認していません。
ニコテックスは日本未承認の薬ですが、海外では処方箋が必要な薬として普及しています。

日本でニコテックスを手に入れたいと思った場合には、海外から輸入する必要があります。
インターネットで検索してみると、様々な輸入代行のサイトがあります。
このような専門の業者を利用して使用している人が大勢います。
しかし、いくらでも輸入して良いというわけではなく、ニコテックスの使用方法と照らし合わせて一か月に必要と考えられる量しか一度に輸入することはできません。
届け出をして受理されればそれ以上の量でも問題ありませんが、販売目的なら許可は出ませんし、販売目的以外で多く使うということは普通はないので、特に問題にはなりません。

たばこは健康に悪いということは誰もが知る事実ですが、たばこには依存性があり、どうしても一人ではなかなか禁煙できないという方も多く存在します。
そこでお勧めなのが禁煙補助薬です。
代表的なものにニコレットやニコテックスがあります。
使用する上で気になる金額ですが、ニコレットのジェネリック医薬品であるニコテックスなら同じ成分が含まれているものを割安で購入することができます。

ジェネリック医薬品とは医薬品の有効成分そのものに対する特許が切れたときに他の製薬会社が製造、供給する医薬品のことで、割安ですがだからと言って効果が薄いというようなことはないので安心して服用していただけます。

どのように禁煙していくのかというと、たばこが吸いたくなった時にニコレットやニコテックスなどのニコチンガムを噛んで少量のニコチンを摂取します。
ニコチンを少量摂取することによってたばこを吸いたいという欲求を抑えることができます。
禁煙する上で一番大変なのが吸いたいという欲求や依存心を抑えることです。
その欲求を抑えるのを補助することによって禁煙を成功へと導きます。

ニコチンガムなら有害な煙が出ないので周りに迷惑をかけることがありません。