禁煙施設で仕事をしていたり、出かけることが多い場合には喫煙できないことでニコチン中毒に悩まされる方が多いようです。禁煙施設とはいえ、以前は喫煙場所を設けてくれることが多かったのですが、現在では多くの禁煙施設で喫煙場所自体を設けていないことが多くなっています。そのため、禁煙施設にいつもいるような方の多くが禁煙を目指す事が多いようです。しかし、普段吸えないのですぐに禁煙ができるといえばそうでもありません。禁煙は精神論では無理なことが多く、適切な治療とスケジュール管理が重要です。ニコチン中毒は治療対象です。多くの病院で禁煙外来を設けており、治療案内には中毒症状の緩和が書かれていることが多いです。また、治療案内ではカウンセリングの重要性を説いている場合も増えています。禁煙外来は入りづらいという方も多いようですが、禁煙を失敗し続けると精神的な負担も増えますし、治療案内だけでもチェックしておくと良いです。禁煙外来では主に中毒症状を緩和しながら禁煙を完遂する治療が行われます。ニコチン中毒は脳の受容体の問題ですから、煙草からのニコチンでもニコレットなどの禁煙補助薬からのニコチンでも差はありません。そのため、タバコの本数を減らしたらニコレットなどでニコチンの補充をすれば中毒症状は緩和もしくは起きません。ただし、ニコレットの摂取については摂取量と回数が重要になりますので医師との相談が必須です。また、禁煙を一人で行なう場合には医師やカウンセラーとのチームを組むことで孤独感がなくなり、禁煙による精神的な負担も減ると言われています。禁煙が進めば体が健康を取り戻し、有害物質であるニコチンが必要無くなり、ニコレットも必要なくなれば禁煙が完了します