ニコレットはニコチン中毒が起きた際、ニコチンを補充してくれる薬剤です。禁煙時に中毒が発症した患者のために処方されることが多いです。しかし、タバコを吸っている方々からすればニコチンをすぐに補充できるのか、充分な量が補充できるのかなど効果に疑問を感じる方も多いようです。ニコレットは国の治験でも充分な効果が認められています。治験ではさまざまな方が参加しているようですが、愛煙家からほとんどタバコを吸わない方までさまざまな方が治験に参加してニコチン中毒緩和を行えるかチェックされています。ニコレットはニコチンが主成分ですが、ガム状になっており、噛む度合いでニコチンの吸収量が変わってきます。そのため、愛煙家が禁煙をする際にいきなり止める場合には多めに急いで噛むことで対応できますし、少量ずつ本数を減らす際には時間をかけてゆっくりニコレットを噛むことで対応が可能です。また、愛煙家の気になる中毒ではなく、生活習慣として吸っている場合でもニコレットは有効なのかについてもガム状なのでタバコを吸うという行為からガムを噛むという行為に変えられるので対応が可能です。禁煙は精神論ではうまくいかないことが多く、禁煙に成功していても数週間したらまた吸いたくなったという危険性があります。禁煙をする際には再び吸いたくならないように確実にタバコを止めることが大事です。そのためには吸わないことがふつうのことなんだと認識しなくてはなりませんが、ニコチン中毒の怖さを知っていればなかなかうまくいかない方も多いようです。禁煙では煙草からニコレットへ接種対象を変えます。ではずっとニコレットを欲しくなるかといえば体が健康になれば中毒症状がなくなりますのでニコレットも必要無くなります。