禁煙をサポートするアイテムとして、古くから多くの人が使用しているのがガムです。
タバコを吸いたいと感じたタイミングでガムを噛むことで、欲求を紛らわせることができる点がメリットですが、実際にはそれだけで禁煙を成功させるのは簡単ではありません。
タバコにはニコチンが含まれており、これに非常に強い依存性がある為、禁煙を成し遂げる為には気を紛らわせるだけでなく、ニコチンの離脱症状を抑えることが必要となります。
そこで、ガムを噛みながらニコチン依存を解消できることで、近年禁煙補助アイテムの代表格となっているのが、ニコレットです。
ニコレットはニコチンが含まれているガムで、これをゆっくり噛むことでタバコを吸いたい欲求を抑えながらニコチンを吸収することができます。
離脱症状に苦しむことなく、自然にニコチン依存を解消することができる為、ストレスの少ない禁煙法として人気です。
そんな喫煙者の禁煙補助として非常に優れたニコレットですが、取り扱いにあたっては非喫煙者に十分に考慮する必要があります。
非喫煙者に考慮しなければならない理由は、ニコレットはあくまでも禁煙を目的とした医薬品であり、単なる嗜好品としてのガムではないという点です。
ニコチンが含まれている以上、耐性のない非喫煙者が使用してしまうと、ニコチンの薬理作用による体調不良を起こしてしまう恐れがあります。
保管場所や方法によっては、非喫煙者がニコチンガムであると知らずに噛んでしまう可能性もある為、家族などにはしっかりとニコチンガムであることを知らせると共に、子供の手の届かない場所に保管するなどの工夫を行うことが大切です。
非喫煙者の存在を考慮し、安全にニコレットを使用しましょう。